「行政ムラの掟」と法治〜宿泊施設の法規を中心に〜

平成30(2018)年6月15日に、新旅館業法と住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行し、特区民泊と出揃いました。行政機関(主に厚労省・保健所)の法令解釈・通知・要領・指導などの運用「行政ムラの掟」と法律・政省令・条例・規則の「法の支配、法律による行政」への想いを綴るブログ。

豊島区旅館業法施行条例とトイレ(簡易宿所基準)。

豊島区旅館業法の手引き(簡易宿所)

民泊サービスで、簡易宿所営業の許可を取得する場合、

ハードルになるのが、帳場とトイレだと思います。

 

 

 

 

豊島区・旅館業法の手引き(簡易宿所)より

便所

・各階に設置し、防虫、防臭、手洗いの設備を有すること(条9条)

・便所を付設していない客室を有する階には、共同便所(男女別)を設ける(条9条)

条・・・豊島区旅館業法施行条例

 

ポイントは、「便所を付設していない客室」の文言。

すべての客室に、便所を付設してあり、他の設備(食堂など)を有しない場合、

共同便所は不要となります。 

 

丁寧な条文の読み込みが必要となる部分です。

 

学びは、続く。