「行政ムラの掟」と法治〜宿泊施設の法規を中心に〜

平成30(2018)年6月15日に、新旅館業法と住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行し、特区民泊と出揃いました。行政機関(主に厚労省・保健所)の法令解釈・通知・要領・指導などの運用「行政ムラの掟」と法律・政省令・条例・規則の「法の支配、法律による行政」への想いを綴るブログ。東京都中野区で、行政書士おかべを営む。

寺社

住宅宿泊事業法と宿坊と旅館業

私は、寺社巡りの時に、時々、宿坊やお寺の会館に泊まることがある。 高野山の不動院や持明院、京都の聞法会館などに宿泊したことがある。 特に高野山の宿坊は、日本旅館に仏教の宗教体験ができる施設という印象でした。 昔は、修行や講の方々を泊める施設で…

観光業とキャパシティーと参詣

観光業は、「キャパシティー」という制約があると思い、寺社を例にとり考えてみる。また、寺社の新しい参詣の形を観光客を受け入れる視点から考える。