「行政ムラの掟」と法治〜宿泊施設の法規を中心に〜

平成30(2018)年6月15日に、新旅館業法と住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行し、特区民泊と出揃いました。行政機関(主に厚労省・保健所)の法令解釈・通知・要領・指導などの運用「行政ムラの掟」と法律・政省令・条例・規則の「法の支配、法律による行政」への想いを綴るブログ。東京都中野区で、行政書士おかべを営む。

2019-03-09から1日間の記事一覧

住宅宿泊事業者の届出の添付書類を思う〜身分証明書〜

住宅宿泊事業者の届出の添付書類に、「身分証明書」がある。 これは、戸籍に、紐付いており、戸籍がないと取得できない。 ここに、外国籍の方が、届出を出そうするとネックがある。 日本国籍があると、戸籍がある市区町村の窓口で、本人が申請して、 300〜50…