「行政ムラの掟」と法治〜宿泊施設の法規を中心に〜

平成30(2018)年6月15日に、新旅館業法と住宅宿泊事業法(民泊新法)が施行し、特区民泊と出揃いました。行政機関(主に厚労省・保健所)の法令解釈・通知・要領・指導などの運用「行政ムラの掟」と法律・政省令・条例・規則の「法の支配、法律による行政」への想いを綴るブログ。東京都中野区で、行政書士おかべを営む。

2016-02-21から1日間の記事一覧

民泊を官邸主導で考える。

政府や官庁が規制を変える場合、会議を作って検討します。民泊サービスも、複数の会議で今後の規制や現状などが分析され検討されております。そんな中、首相官邸で、調整をかけて進めていく動きがあります。